フリル付きスタンドカラーブラウスの型紙と作り方

youtube

スタンダードなデザインのシンプルなブラウスにフリルをたして可愛く仕立てました。
台衿にフリルを付けたので、肌に触る部分が多いため、肌触りの良いリバティのタナローンを使いました。



作り方

作り方はこちらの動画をご覧ください。

 

 

ポイントはフリルの付け方と、袖口を「イッテコイ」を言う方法で開きを作りました。「イッテコイ」の方法は動画内でも詳しく説明していますが、ブログでも解説しています。

袖口のあき”イッテコイ”下準備と縫い方 仕上げの方法
ブラウスやシャツの袖口などに使われる「開き」の作り方の一つに「イッテコイ」と言う方法があります。変な名前ですね。一枚袖の袖口に切り込みを入れ、パイピング布を往復させるところからイッテコイと言われています。今回はその「イッテコイ」の縫い方をま...

 

型紙

型紙はこちらをご覧ください。

出来上がりサイズ(平置きで採寸)
着丈 66cm
胸幅 54cm
肩幅 40cm
袖丈 55cm

用尺 110cm巾  2m

 

 

 

 

裁断と縫い方のポイント

裁断

フリルはできるだけバイヤスで裁断してください。縦、または横の字の目で裁断した時よりも出来上がりの柔らかさが違います。

袖口の開き「イッテコイ」用のパイピングは縦方向で裁断します。

 

フリルを台衿に付ける時

フリルを台衿に付ける時の、合わせる位置に注意します。
台衿の前中心線とフリルの端の点が合うように固定して、仮止めミシン(しつけ)をかけましょう。

ここは、前中心線からフリルが始まるのが理想的ですが、少しずれても、それよりも大事なのは、左右が対象である事です。

 

ボタンホールを縫うタイミング

袖を付ける前の方が縫い合わせた状態の時よりも布さばきが楽なので、袖を付ける前に袖口と前中心のボタンホールを縫っておきます。

個人的には、全部仕上げて最後にボタンホール縫いが待っていると、ちょっと萎えます。もうひと頑張りしないとな…って(笑)でも、今回のように途中でもボタンホールが縫える手順の場合は先に縫っておく方が最後が楽でいいですね!

まとめ

 

今回作ったブラウスは70代半ばのご婦人が気に入ってくださいました。首が開きすぎていない事、袖丈が7分とかではなく長い事が気に入って頂けたポイントでした。

 

ピントが合っていなくてスミマセン💦

フリルを長くしたり短くしたりとアレンジをすれば表情が変わります。また、フリルは好きじゃない、と言う方は台衿だけにしても、今回のようにリバティの花柄などで作る事で甘辛な雰囲気が楽しめます。

いろいろアレンジしてみてくださいね。

ちなみに、履いておられるスカートはチャコール色のシャツコールで作ったウエストゴムのスカートです。

よくある、切らずに作る簡単スカートとは違ってウエストはゴムだけど、綺麗に見えるソフトフレアーのスカートです。作り方を動画に取る予定にしてます♪

*その他に公開しているブラウスの作り方動画と型紙をご覧になりたい方はこちらからどうぞ!

型紙無料 ブラウス・トップス作り方動画の型紙一覧
PR 本ページにはプロモーションが含まれています。 ステラ洋裁店がyoutubeで配信しているブラウス・トップスの型紙をまとめて掲載しています。型紙は実物を測りながら囲み製図式に起こしたものです。長さにずれが生じている場合があるかもしれませ...

YOUTUBEチャンネル「ステラ洋裁店」
チャンネル登録お願いします!









コメント